<< 壬生寺 in 京都 | main | 弘源寺・宝厳院 in 嵯峨嵐山 >>

角屋もてなしの文化美術館 in 京都


壬生寺を散策して新撰組の歴史に触れたあとは角屋へ向かいました。



日本最古の公許の花街として知られた京都の島原も、今ではその面影がほとんどありません。

こちらの角屋もてなしの文化美術館では、その当時の様子を伝えています。


角屋もてなしの文化美術館

角屋もてなしの文化美術館



施設内には、囲炉裏や襖、台所などの展示が行われていました。

門


古い建物


屏風




新撰組の刀傷

新撰組の刀傷



お屋敷の一番奥にある松の間は、新撰組の初代局長の芹澤鴨が暗殺される直前に宴を催していた場所だそうです。

松の間


松の間


松



そして、松の間にて、当時の花街の講和を聞くことができました。


「太夫(たゆう)」は歌舞音曲、茶道、華道、和歌、俳諧などの素養があって、遊宴の席で接待する女性の最高位の人をさすのに対して、「花魁(おいらん)」は娼妓の人を最高位をさすらしいです。

不勉強のため、初めて知りました(^^;;




にほんブログ村 旅行ブログへ 

Sponsored Link
コメント
コメントする








 
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Sponsored Link
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recommend
Recommend
Sponsored Link
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM